妊娠線を作らないようにする為に妊娠中に気をつけること

妊娠線を作らないようにする為には体重が増えすぎないようにする他に専用のクリームを使うことが大事だと言われていますね。

 

クリームを塗る際には、もう一つ、ちゃんとマッサージをすることも重要です。脂肪をしっかり柔らかくしておくことで妊娠線にならないようにしてあげることも大切だと思います。マッサージにはたっぷりの予防クリームを手の上で馴染ませ、マッサージの向きを変えつつ塗り込むのがポイントです。その時、掴める部分はしっかり掴みながら揉むことも忘れずに。

 

 

マタニティーママさんはちゃんと食べるようにしましょう。

 

ツワリで気持ちが悪く、食べてもはき戻してしまうことがあるかもしれませんが、少しで構わないので、食べましょう。

 

不思議なことに「無性に食べたくなるもの」が、現れることがあります。

 

 

私の場合は「氷」がそうでした。常にガリガリ食べていた気がします。食べれるものを、食べれる時に食べましょう。

 

子供を産むにも、育てるにもパワーが必要です。

 

 

 

気持ち悪くて食べる気にならない!と言わずに、ちゃんと食べるようにしましょう。

 

 

妊娠期間中は身体に負担をかけないように身の回りの人にサポートしてもらいながら自分のペースで過ごしてください。

 

 

家事に全力と尽くすとお腹に力を感じたり、会社で頑張りすぎると体の調子が悪くなったり、精神的にも悪影響が出やすくなります。
食事に関してはつわりで悩まされるときは食べようと思うものだけ食べ、それに関して悪いなと思わないようにしましょう。

 

 

わたしはつわりが大変でしたが、葉酸入りのサプリメントは、なんとか少し摂取するようこころがけました。
妊娠が発覚してからつわりかかなりひどかったのと、重労働を余儀なくされる仕事柄、退職を決意しました。仕事を辞めるという人も多数いると思いますが、身体に過度な負担がかからなければ、働き続けてもいいと思います。

 

 

妊娠期間中はサプリメントで葉酸を補うようアドバイスを受けていたので飲んでいました。

 

 

 

また貧血だったので処方された鉄剤に加えて鉄分を多く含む食べ物を積極的に摂っていました。

 

妊娠中は食べ物にも気を配りましょう。ビタミンAを過剰摂取すると胎児が先天性奇形となるリスクが高まるそうで、レバーやウナギをあまり食べないようにしました。

 

細胞分裂が激しい妊娠初期には特に意識しておく方がいいようです。

 

 

ウナギはビタミンAを豊富に含み、妊娠中に摂れる範囲のビタミンA摂取量の最大値に、わずか一口で達してしまいました。

 

妊娠したことにうっかり気がつかない人は、後に反省する事があります。実は私もそうでした。
分娩施設が少ない地域では、妊娠発覚後すぐに予約を入れないと、あまり遅くなると近くに産む場所が見つからなくなる可能性があります。

 

 

 

妊娠の初期症状は人により様々です。
もともと生理不順の人は妊娠に気づきにくいでしょう。貧血や微熱など風邪と同じ症状もあるので、可能性がある場合は注意しておきましょう。結婚も2年目に入り、そろそろ子供を持ちたいと思ったとき、妊娠が発覚しました。

 

女の感とでも言いましょうか。

 

生理は最大14日ほどずれることもあったのですが、この時はたった5日の遅れでした。

 

 

 

ところが、何かが違うと思い、妊娠検査薬を外出先で使ってみたところ、なんと陽性反応が出たではありませんか!すぐに写真を撮って主人に見せたところ、驚きながらも喜んでくれました!こんなに嬉しいことはないです!現在、ようやく8ヶ月まできました。

 

早く赤ちゃんと会いたいです。妊娠初期のつわりの影響で、食べることが難しい人がいると思う。

 

 

それでも栄養は取らなければ、赤ちゃんは育たないので、おじややゼリーなど口にしやすいものが食べれればいいかなと思う。

 

 

食べ物が食べれなくても水分補給は大事である。つわりがないからと赤ちゃんの分までも食べれるといって過食もよくない。妊娠高血圧や妊娠糖尿病になる可能性もある。バランスのいい食事法をすることが大事であり、また調子がいい時は散歩などの適度な運動をすることが赤ちゃんにも母体にも大切なことである。妊娠している間はホルモンバランスの関係で、精神が不安定になりがちで、意識的にリラックスするための時間を作ることが必要です。しかし、運動や食事は妊婦さんにとって気を付けなければならないことが多く、なかなか難しいですよね。そんなときは、クラシック音楽を聞いてみたり、読書に挑戦してみてはいかがでしょう。出産前に教養を付けておくと将来赤ちゃんにいろんなことを教えるために有効です。

 

 

 

肩肘張らずにトライしてみませんか。

 

 

妊娠中に大切にすることはいくつかある。季節を問わず、とにかくお腹を冷やさないこと、重い荷物を担いだり、棚の上などに手を伸ばさないこと運動はほどほどを心がけ、全力で走ったりは避けること、朝寝坊、夜更かしを控えて生活リズムを整えること。

 

 

 

いづれも妊娠中は皆が言われることだが、一番言ってもらってよかったと思うことはこれである。

 

産まれてくる子に、優しい言葉を話してあげること。優しく接すれば、優しい人間になり、冷たく接すれば冷たい人間になる産んでからもこの言葉の重さを実感する毎日である

関連ページ

妊娠しているときは太りやすいので体重管理が重要
娠しているときは太りやすいので適度な運動は体重や健康を管理することに有効です。
23週で子宮頸管無力症と診断された体験談
23週で子宮頸管無力症と診断され、24週でシロッカー手術をし自宅安静中のただいま34週に入りました。正産期に入るまではもう少しかかりますが赤ちゃんも2000グラムになるまで成長してくれて、早産になってしまわないかが怖くはありますが、産休期間に入り、ゆっくりと過ごさせてもらっています。