ママニック葉酸サプリ副作用の恐怖!?知らないと損する危険な噂・・・

ママニック葉酸サプリ副作用

今回は、ママニックを飲んだときの副作用についてのお話です。

 

ママニック葉酸サプリをこれから飲もう!とお考えの方が一番気になることは

 

ママニック葉酸サプリ副作用

 

健康とお腹のための赤ちゃんのために、ママニック葉酸サプリを飲もうと思っているのに、実は副作用があった・・・
健康を害してしまっては、葉酸サプリを飲む意味がないですからね。

 

安心してママニック葉酸サプリを飲むためにも、ママニック葉酸サプリ副作用について詳しく理解しておく必要があると思います

 

ママニックどんな副作用の可能性があるの?

ママニック葉酸サプリ副作用の心配をする方もいますが、葉酸は体内に蓄積する脂溶性ビタミンとは違い、水溶性ビタミンといって、尿と一緒に排出されてしまうビタミンなことから副作用の心配は殆どないと言われています。

 

ただし、サプリメントで過剰に摂取した場合は副作用のリスクもあると言われています。

 

ママニック葉酸サプリ副作用

 

厚生労働省は、
妊娠中の目標摂取量として食事以外にサプリメントで400μgの葉酸摂取を推奨しており、過剰剰摂取量としては1000μg以上を設定しているので、

 

1日に1000μg以上の葉酸を摂取し続けると副作用が出る場合があります

 

ママニックで葉酸過剰摂取の可能性

サプリを飲むときに心配なのが、栄養の過剰摂取。特に葉酸は過剰摂取すると胎児に悪影響と言われています。
たっぷり栄養をとれば、それだけ赤ちゃんが喜ぶと思ったら大間違い。

 

しっかりとメーカーが指定する、用法容量を守りましょう

 

また、葉酸サプリの場合は、1粒あたりの含有量が多かったり、体内に吸収されやすいことから過剰摂取につながりやすいといわれているので、葉酸をサプリメントから摂取をお考えの方は、葉酸摂取量は1日の用量を守ることが大切です。

 

葉酸の過剰摂取による副作用の症状は、

食欲不振・吐き気・不眠症・むくみ・紅斑・かゆみ・呼吸障害・亜鉛の吸収率低下など

 

ママニック葉酸サプリ副作用が心配な方でも、1日の摂取量をきちんと守っていれば、このような副作用の心配はありませんのでご安心くださいね。

 

あとは、アレルギーが心配なので原材料も確認しておきましょう

ママニック葉酸サプリ原材料からわかる重要な事!


妊娠後期に葉酸サプリを飲むと危険ってほんと?

ママニック葉酸サプリ副作用

 

葉酸は妊娠前〜妊娠初期に飲むのが望ましいという意見が多く見られますが、妊娠後期に葉酸を摂取するとどのようなことが起こるのか?体に害はあるのか?ご紹介しますね

 

オーストラリアで発表された研究結果の中で、「妊娠後期(30〜34週)に、葉酸をたくさん摂取すると(1日1000μg以上)すると、胎児の小児喘息のリスクが25%と高まる」という報告があります。

 

このような報告があるため、妊娠後期の葉酸摂取はしっかりと考えて摂取する必要があります
葉酸の摂取は、妊娠前から妊娠後期まで母体や胎児の機能を生成していく上で重要な成分となるので、1日400μg摂取を超えないことが大切です。


葉酸サプリと食事から葉酸を摂取!合わせると過剰摂取にならないの?

ママニック葉酸サプリ副作用

 

毎日葉酸を飲んでいる方が気になるのは、毎日葉酸サプリを飲んでいるけど、食事もバランス良くとっている。
知らない間に、食事でたくさん葉酸を摂ってしまっていて、実は1日の葉酸摂取量を超えているのではないか・・・・ということ

 

葉酸を多く含む、ほうれん草などの食品でも体内に残る量は50%以下とされています。

 

その理由は葉酸は熱や水分に弱い性質にある為、炒めたり、煮たり、調理の段階で溶出してしまいます。
このように、食品からの葉酸の体内への吸収率は50%と非常に吸収が難しい成分であることから、サプリメントで400μg摂取しても1日1000μgの量を超えることはまずないと言われています。

 

だからと言って、葉酸サプリを必要以上に飲みすぎたり、過剰摂取することは避けてくださいね。
1日の用量はしっかりと守るようにしてください。